引染の道具

引染に必要な道具とは

引染を行うには数種類の刷毛・伸子・張り木のほかにも、様々な道具が必要となります。
また、約12~13mの反物を引っ張るための染工場が必要になります。 弊社では染料の飛散による生地の汚染を防ぐため、色の濃度によって「濃色用」「淡色用」と染める場所を別にしています。


主に使う道具

五寸刷毛
五寸刷毛
薄色や濃色など20本ほどの刷毛を使い分けます。
小刷毛
小刷毛
細かいぼかしや染め分けなどの時に使います。
丸刷毛
丸刷毛
細かいぼかしの時に使います。
伸子
伸子
竹やグラスファイバー製のものがあり、両端に針がついています。
張り木 
張り木
生地端をはさみこみんで使います。
噴霧器
噴霧器
ぼかしをする時に水を吹きます。
簡易蒸し器
簡易蒸し器
色合わせの時に小切れに染料をつけ、蒸します。
助剤
助剤
均染剤やアンモニアなど様々な種類があります。
加湿器
加湿器
空気が乾燥していると染めがムラになりやすい為、加湿しながら染めます。
絵の具場
絵の具場
色合わせをする部屋の電気は、自然光に近い色の電灯で色を見ます。
布海苔(ふのり)
布海苔(ふのり)
海藻の一種で水と炊き、漉して地入れに使います。
大豆
大豆
一晩水につけふやかして漉して地入れ液にいれます。

このページのトップへ

Copyright(C) 2002-2008. Kyowa Corporation.All right reserved.